地域医療を担う神戸協同病院

  • 診療体制表
    • 外来のご案内
    • 入院のご案内
    • 各部門の紹介
    • ボランティア活動
    • 個人情報保護
    • お問い合わせ
    • 交通のご案内
  • 健診動画
  • 睡眠外来
  • ALTA(アルタ)療法の紹介
  • 医師募集
  • 医師募集
  • 看護師募集
  • 看護部の紹介
  • 神戸協同病院看護部携帯サイト
  • 看護師長室のブログ
  • ひよこ保育園
  • ISO9001 認証取得
  • 神戸医療生活協同組合
  • 看護部パンフレット

診療科のご案内

  • 内科
  • 外科
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 病理
  • 透析室
  • リハビリテーション科
  • SAS(睡眠時無呼吸症候群)

  • 看護部
  • 薬剤科
  • 放射線科
  • 検査科
  • 栄養科
  • 臨床工学科
  • 特殊検査室

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)

2002年9月より、睡眠専門外来の開設と、SASの確定診断検査と内科的治療を開始しました。SASの確定診断には、終夜睡眠ポリソムノグラフィ(PSG)検査(睡眠の精密検査)を採用し、内科的治療はマスク式持続気道陽圧(シーパップ)を採用しています。

SASは、睡眠中に呼吸の異常が起こる事で、睡眠は分断され、良質な眠りが取れず、日中の眠気、集中力の低下などから仕事にも支障をきたし、交通事故や産業事故も越し易くなったりします。また、合併症として、糖尿病・高血圧・肺性心・脳梗塞・虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)などが報告されています。

本来、睡眠は体の調節機関を再調整し体を癒してくるものですが、SASでは、睡眠により体を痛めつけているともいえます。

睡眠外来では、問診から症状の確認・医師による診察で、SAS確定診断検査を行なうかどうか判断されます。かかりつけ医からの検査紹介によPSG検査入院予約も行います。

SAS検査室PSG検査は、1泊2日で入院して頂き、睡眠中の脳波状態・呼吸状態(無呼吸・低呼吸)・呼吸運動・睡眠体位・経皮的酸素飽和度・イビキ音・心電図・脚運動を調べます。

調べるといっても患者様には個室で朝まで睡眠をとって頂くだけです。技士が別室で一晩立ち会い検査にあたります。技士が当直する事で機器だけでは困難な細かなところまで観ることが出来ますし、患者様への対応もスムースに行なえます。


技士が別室で一晩立ち会い検査マニュアル解析実施後(検査結果)SASの有無と重症度を判定し、必要に応じてシーパップの導入を行います。

シーパップ療法の導入は、改めて1泊2日の入院をし、シーパップ指摘圧定量という検査をする事が必要です。患者に合せたシーパップ機器を貸し出します。

シーパップ療法の導入後は、1ヶ月に1回の定期的受診が必要となり、かかりつけ医や近医でも継続が可能です。


1泊2日の検査入院は、就労後(夕方6時頃)の入院・翌日の就労に間に合うように(朝6~8時)退院して頂けます。特別室(個室)特別食(朝食)をご用意致しますが、部屋代等の別料金は頂いておりません。

毎週月曜日午後4時より睡眠外来を開設しています。予約は不要です。

ページ先頭へ