地域医療を担う神戸協同病院

  • 診療体制表
    • 外来のご案内
    • 入院のご案内
    • 各部門の紹介
    • ボランティア活動
    • 個人情報保護
    • お問い合わせ
    • 交通のご案内
  • 健診動画
  • 睡眠外来
  • ALTA(アルタ)療法の紹介
  • 医師募集
  • 医師募集
  • 看護師募集
  • 看護部の紹介
  • 神戸協同病院看護部携帯サイト
  • 看護師長室のブログ
  • ひよこ保育園
  • ISO9001 認証取得
  • 神戸医療生活協同組合
  • 看護部パンフレット

診療科のご案内

  • 内科
  • 外科
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 病理
  • 透析室
  • リハビリテーション科
  • SAS(睡眠時無呼吸症候群)

  • 看護部
  • 薬剤科
  • 放射線科
  • 検査科
  • 栄養科
  • 臨床工学科
  • 特殊検査室

リハビリテーション科

リハビリテーション科には理学療法、作業療法、言語聴覚療法、物理療法の四部門があり、障害を有する患者さまの治療・訓練を行っています。

一般病棟では、脳血管疾患、整形疾患、呼吸器疾患、廃用症候群などの急性期の患者様に対して、リスク管理を行いながら早期離床・早期リハビリを実施しています。

回復期リハビリ対象の方は、治療を終えると一般病棟から回復期病棟へ移り、ADLの更なる改善に向けて、集中的にリハビリを行います。

また、退院後もリハビリが必要な方には、外来での通院リハビリ、送迎車を利用した短時間の通所リハビリ(当院デイケア室)、ご自宅に伺って行う訪問リハビリ(訪問看護ステーションつばさ)と急性期から維持期(生活期)までの幅広いフォローを行っています。

2017年度リハビリテーション科概要はこちらをご覧下さい。

リハビリの流れ

対象とする障害も手足が動きにくい、歩きにくいと言った障害だけでなく、ことばや飲み込みの障害、呼吸障害のリハビリも行っています。


リハビリは障害を多面的にとらえるため、医師、看護師、その他多くの職種が連携し、チーム医療をすすめています。



回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟は、脳卒中や下肢の骨折などの患者様に対しての食事・排泄・移動などの日常生活動作の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目指したリハビリテーション計画を医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを患者様とともに集中的に行うための病棟です。神戸協同病院では、2008年1月より、2階病棟を、回復期リハビリテーション病棟に転換しました。

適応する疾患

下記の疾患に該当される方が入院の対象となります。疾患に応じて厚生労働省の基準に定められた入院期間内に家庭(在宅)復帰をめざします。

疾  患

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症など
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷、および頭部外傷を含む多発外傷
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷、および頭部外傷を含む多発外傷
外科手術または肺炎等の治療時の安静による廃用症候群
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経・筋または靭帯損傷後

神戸協同病院の役割

回復期リハビリテーション病棟の開設により、リハビリの拠点という役割を担います。16名の理学療法士、9名の作業療法士、3名の言語聴覚士がみなさまのリハビリを支えます。また、退院後は関連事業所と連携し、訪問診療、訪問看護、訪問リハにつなげていきます。  
一方で、これまでどおり在宅支援による地域の医療介護ネットワークの拠点を担いつつ、内科、外科、整形外科、泌尿器科の二次急性期医療を遂行します。また、消化器内科や乳腺外科、肛門科など特徴ある医療を提供し、地域医療に貢献していきます。

ページ先頭へ