診療科・部門

外科

痔で悩んでいませんか?~ALTA(アルタ)療法の紹介~

神戸協同病院 副院長・外科 石川靖二

「お尻を出すのは恥ずかしい」、「診察や手術は痛そうで怖い」などの理由で、肛門科の受診を躊躇している方は多いのでは? でも心配はいりません。肛門科の分野では、いろいろな工夫がされ、治療(入院)期間が短く、また痛くない治療も開発されてきました。 ぜひ、勇気を出して診察を受けて下さい。

主な痔疾患

主な痔疾患といえば、痔核(じかく)(いぼじ)、裂肛(れっこう)(きれじ)、痔瘻(じろう)(あなじ)の3つです。なかでもいちばん多いのが痔核です。スポーツや排便時にいきみすぎて突然、痛みの強いしこりができる外痔核と、長年の不適切な排便習慣から起こる内痔核があります。外痔核は、短期間でなおりますが、内痔核で長い間悩んでいる人はとても多いです。

画期的な治療法~ALTA療法

内痔核に対して画期的な治療法の治療法ALTA療法が開発され、全国の専門医から高い評価を受け、治療を受けた方々に喜ばれています。
ALTA療法は、痛みがほとんど無く安全な治療法で、注射をして痔核を縮小させるもので、注射薬の主成分のアルミニウムとタンニンからALTA療法と呼ばれています。新しい治療法なので、講習会を受けた専門家しか許可されていません。全国的に統一された方法で実施されています。治療は10分程度で終わりますが、1泊程度の入院を基本としています。2度から3度の方に最適ですが、重症の4度の方も有効なことがあります。(表参照)

  進行度 症状 治療法
痔の種類 内痔核 第1度 いきみで腫れる、出血する 坐薬や軟膏
第2度 いきみで脱出するが自然に戻る 坐薬や軟膏、注射療法(外来)
ALTA療法
第3度 いきみで脱出し、手で押し込まないと戻らない 注射療法(外来)、ALTA療法
痔核切除術
第4度 常に脱出して戻らない(脱肛の状態) 注射療法(外来)、痔核切除術
ALTA療法が有効のこともある
血栓性外痔核 突然、肛門に痛みの強いしこりができる 坐薬や軟膏でほとんど治癒
大きければ切開することもある
◎50代女性
『私は20年前に痔ろうの手術を受け、20年間後遺症に悩み続けました。ある病気で入院した事をきっかけに先生に痔ろう後遺症を見ていただき、ALTA療法で治していただき、もっと早く相談すれば良かったと思いました。特に女性方に一人で悩まず早く病院で治していただきたいです。最近の医学の進歩はすごいです。』
◎50代男性
『15~16年前から痔で悩んでいましたが、今回治療してよかったです。痛みも少なく、症状もなくなり、治療も短くよかったです。』

診療受付時間のご案内

※各科の診療日については診療体制表でご確認ください

午 前  月~土
8:00~12:00(診察は9:00~)
午 後  月・木・金
15:30~19:00(診察は16:00~)
午 後  水
14:30~17:00(診察は15:00~)

休診日のご案内

日曜・祝日及び火曜日午後と土曜日午後

連絡先

TEL.078-641-6211

〒653-0041 神戸市長田区久保町2-4-7

交通アクセス

詳細情報

ページの上へ